×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOMEトップページ

【スポンサードリンク】

マイナスのホワイトニングによるフェイシャルエステ

ホワイトニングによるフェイシャルエステについてご紹介します。

○マイナスのホワイトニング
エステサロンで行われるものには、「プラスのホワイトニング」と「マイナスのホワイトニング」があります。

「プラスのホワイトニング」とは、美白成分をプラスすることで美白効果を促すもの。
そして「マイナスのホワイトニング」とは、お肌の汚れや角質を除去するというものです。

代表的な「マイナスのホワイトニング」としては、ディープクレンジングが挙げられます。
エステサロンでのクレンジングは、いわばヘアサロンでのシャンプーのようなものです。
プロのエステティシャンによるクレンジングは、自宅でふだんから行っているものとはひと味違い、はるかに汚れ落ちがよくて快適なものです。

スポンジ、吸引器、スクライバーという超音波の美顔器などを用い、お肌の汚れを徹底的に取り除きます。
もう、これだけでも、すっきりした美白肌になれるという感じですね。

「マイナスのホワイトニング」としては、エステサロンでのピーリングがあります。
これは、お肌の表面にある角質を取り除くというケアです。

古い角質を除去することにより、新しい角質再生を促し、美白肌に導いていくというもの。
昔から「垢抜けた」という言葉がありますが、まさにゆで卵の皮を一枚むいたような効果といえるかもしれません。

そのピーリングには、次のような種類があります。
・物理的ピーリング:植物のハーブなどを用い、お肌の角質を取るもの。
・ケミカルピーリング:フルーツ酸、アルファヒドロキシ酸などの薬品を用い、お肌の角質を取るもの。
・レーザーピーリング:レーザーを用い、お肌の角質を取るもの。

【スポンサードリンク】

お気に入りリンク